このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
516a4eb0
1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/24(木)00:05:43 ID:r0Q
ボスはまだ来ないようだな…

【悪の幹部が集まって会議する遊びやろうぜwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pazudorakakin1
1: オムコシ ★ 2016/03/22(火) 20:18:04.59 ID:CAP_USER
通勤電車に乗っていると、スマホでゲームをやっている人をたくさん見かける。手軽に遊べて時間つぶしには持って来いのスマホゲーだが、ハマり過ぎると周囲が困惑することもあるようだ。

3月22日、とあるツイッターユーザーが投稿した内容が話題となっている。

「【拡散希望】クラッシュオブキングスをやっている方で、北条なんとかという人が盟主の日本人同盟が強いサーバーでプレイしている方にお願いです。父(65歳)がどハマりして仕事も疎かにし、一家離散寸前です。父の城を再起不能なまでに燃やし尽くしてくださる方、募集します。お礼あり」
https://twitter.com/_bonci_/status/711945957458333697
キャプチャ


◆「親族一同悩んでいるのでガチ勢の方、力を貸してください」

「クラッシュオブキングス」は中国に本社を持つIT企業、Elex Wireless社が運営する戦略シミュレーションゲーム。プレイヤーは一国の王となり、他のプレイヤーの国を侵略したりしながら帝国統一を目指す。

2014年に日本語版がリリースされ、最近はよくテレビCMも流している。「城を奪い返せ!」というキャッチフレーズを耳にしたことがある人も多いだろう。

投稿者の父親は、昔からドラゴンクエストなどのゲームをやっていたが、クラッシュオブキングスには相当ハマっているらしく、最近は仕事中もプレイしている。投稿者は「完璧依存症」と説明し、「まさか65歳でこんなことになるとは…笑」と驚く。どこまで課金しているかは分からないものの、一刻も早く止めさせたいようだ。

以前、他のプレイヤーに攻められたときにモチベーションを失くして止めかけたので、「同盟ごとつぶれれば諦めると思った」と説明。「親族一同悩んでいるのでクラッシュオブキングスのガチ勢の方、力を貸してください」とのことだ。
https://news.careerconnection.jp/?p=22458

【「スマホゲームにハマった父親(65歳)の城を燃やし尽くしてください」 ツイッターに寄せられた切実な依頼が話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ティザービジュアル
1: オムコシ ★ 2016/03/22(火) 13:11:17.76 ID:CAP_USER
赤塚不二夫の名作「おそ松くん」をリメイクしたテレビアニメ「おそ松さん」。今、この「おそ松さん」が若い女性を中心に大ヒットしているのを知ってますか?

「おそ松さん」とは、ギャグマンガ界の巨匠・赤塚不二夫の生誕八十周年記念作品。昨年10月よりテレビ東京系で放送されていて、現在2クール目に突入しています。

原作と大きく違うところは、小学生で見た目も性格も区別のなかった6つ子たちが、それぞれ個性を持った20代前半のニートへと成長していること。この成長ぶりと、過激なパロディ描写がSNSで話題を呼び、人気が爆発中なのだとか。

「アニメDVDは1万枚超えればヒット」と言われる中、ブルーレイ・DVD第1巻が7.9万枚を記録、「おそ松さん」を特集したアニメ雑誌「アニメージュ」は36年ぶりに重版するなど類を見ないヒットとなっています。(日経MJ 2016年1月18日より)

このヒットの要因を分析していくと、「オタク女子」を取り込む緻密な戦略が見えてきました。

オタク女子を取り込む完璧戦略

分からないことがあったらまずはヒアリング、ということで、現在「おそ松さん」に夢中なある女子大生に、なぜここまで流行っていると思うか聞いてました。

すると「おそ松さんは女オタクの取り込み方がうまいんです」という答えが返ってきました。更に、彼女は「全方向の女オタクを落としに来ている」といいます。この「全方向の女オタク」とは一体なんなのでしょう。

昨年、NHKの情報番組「あさイチ」で「オタク女子増殖中!?」と銘打ちオタク女子の生態を解説する特集が組まれました。そこでは、以下のようなオタク用語が解説されていました。

声豚(こえぶた)…声優を熱狂的に好む男性・女性の総称。

腐女子(ふじょし)…男性同士の恋愛を扱ったマンガやアニメ、また男性キャラクター同士の恋愛を妄想することを好む女性

夢女子(ゆめじょし)…男性キャラクターと自分との恋愛を夢見る女性

更には、ライトなオタク層である「リア充オタク」なども加わり、ひとえに「オタク」といっても好みが細分化されているのです。(もちろん「腐女子兼夢女子」といったように個人が複数の属性を併せ持っていることも少なくないのですが)

彼女によれば、その全方位へ向けた仕組み作りがなされているのが、おそ松さん、というわけなのです。

配役に引き寄せられる声優ファン

「おそ松さん」に登場する6つ子を演じるのはそれぞれ主役級とも言える豪華声優陣。アニメ好きであれば、このキャストを見るだけで「豪華!とりあえず見てみよう」というキャスティングです。テレビ東京のアニメ制作部では、脚本を作る前から人気の実力は声優の起用を決め、それぞれの声優のキャラクターを反映して六つ子の個性を際立たせたといいます。(日経MJ 2016年1月18日より)

この強力な布陣が固定の声優ファンを取り込みました。彼女たちは好きな声優の為ならば出費も拒まない層ですから確実にDVDなどにお金を落としてくれることが見込めます。

6つ子の関係が気になる腐女子

男性キャラクター同士の関係性から、キャラクター同士の恋愛を妄想するのが好きな腐女子。彼女たちにとっては、作品自体が恋愛をテーマにしていなくても1対1の関係性が成立していれば「男性キャラ同士の妄想」が可能であり、十分魅力的に映ります。

それぞれタイプの違う6つ子が兄弟というある種一番強い関係で結ばれていることは、妄想するのにうってつけとも言えます。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/iotatatsunari/20160321-00054689/

*続く

【【アニメ】「おそ松さん」ヒットはたまたま?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: オムコシ ★ 2016/03/22(火) 20:14:49.86 ID:CAP_USER
アキバ総研が運営するアニメポータル「あにぽた」で3月3日から実施している投票企画「京アニ作品で一番好きなTVアニメは?」だが、最終結果をお伝えしよう。

https://image-s-akiba-souken.ssl.k-img.com/assets/images/article/000/703/t640_703061.jpg

これは、にのまえさんというユーザーが3月3日に作成した人気投票企画。実力に定評がある京都アニメーションがこれまでに制作してきたTVアニメ作品(※OVAや劇場版は除く)を対象にした人気投票で、23作品が候補に挙がっていた。見事1位に輝いたのは、680票「氷菓」。廃部寸前のクラブ「古典部」を舞台に繰り広げられる青春学園ミステリで、キャラクターや背景の作画クオリティの高さに加え、推理過程などキャラの脳内映像を"動きのある絵や文字"で表現するといった作風でも支持を得た。あにぽたに投稿された一般レビューでも満足度4.13を叩き出しており、2位以下に大きく差をつけての戴冠となった。

続く2位は、461票「CLANNAD ~AFTER STORY~」。「CLANNAD」シリーズの第2期であり、家族や人生を描いた名作。涙なしでは見られない残酷かつ感動的なストーリーで多くのファンの心をつかんだ。ちなみに、主人公の青春時代を描いた第1期の「CLANNAD」はわずか13票で21位に留まっている。僅差の3位は、440票「Free!」。水泳に励む男子たちを描いた作品で、女性たちに人気。こちらは、第2期「Free!-Eternal Summer-」も120票で8位に入っている。このほか、大ヒットした「けいおん!!(第2期)」、劇場版や第2期が決定している「響け!ユーフォニアム」といった音楽モノがトップ5入り。

第10位までの作品と得票数は下記のとおり。投票総数は3157票。

04c33356381700aa26684b2c6f03001ff72994c11419868501

1位:氷菓(680票)
2位:CLANNAD ~AFTER STORY~(461票)
3位:Free!(440票)
4位:けいおん!!(第2期)(382票)
5位:響け!ユーフォニアム(201票)
6位:境界の彼方(146票)
7位:中二病でも恋がしたい!(145票)
8位:Free!-Eternal Summer-(120票)
9位:日常(88票)
10位:涼宮ハルヒの憂鬱(第2期)(73票)

詳細な投票結果は以下のページにて。
https://akiba-souken.com/anime/vote/v_396/

https://akiba-souken.com/article/26400/

【「京アニ作品で一番好きなTVアニメは?」、投票結果発表! 1位はダントツで「氷菓」、2位は人生を描いた「CLANNAD」】の続きを読む

このページのトップヘ

<body>